いびき改善 いびきの原因

空気が呼吸に従うとき、いびきは「上気道」(のど(咽頭)と鼻(鼻腔))の粘膜が
振動する徴候です。そして、音は聞こえます。
しかし、音は時間を呼吸することによって通常聞こえません。
そして、音は就眠呼吸の時にだけ聞こえます。

「上気道」が狭くなることは、睡眠の間、深くこれに関連があります。
上気道は筋肉で支持されます、そして、当初、それは狭い器官です。
しかし、それが小さく(同じ量の空気を呼吸するとき方法が小さいので
速度は非常にちょうどそれによって速くなります)なるとき、空気の流れは速くなります。
そして、空気抵抗は何らかの原因によって大きくなります。
そして、上気道の粘膜の振動は増加して、「抵抗音と振動音」を生じるために簡単になります。


上気道の筋肉が睡眠の間、溶けている全身の筋肉のように溶けるので、上気道は小さくなります。
そして、「抵抗音と振動音」の「いびき音」は自然の間、起こって、眠るために簡単になります。
さらに、上気道
・アルコール(飲む)
・肥満、疲労(ストレス)
・病気
・医療(催眠剤、精神安定剤)
・老化(老化)空気抵抗がなど(それがより小さくなるならばいろいろな原因)によって大きくなる、
そして、上気道が狭くなるので、粘膜の振動は増加します、そして、いびき音は大きくなります。

以上のことから、「狭くなっている上気道」に至ることは、いびきで最も大きい原因です。
いびき改善 いびきの音